もしものときに大事なこと

悩む女性

うつに関するお金のあれこれ

障害年金とは、突発的なケガや病気で休職を余儀なくされた場合、その間のお金を補うために支給される年金です。障害年金を受給するためにはある一定の条件を満たしていなくてはなりませんが、その条件さえ満たしていれば、うつ病のような精神疾患でも適用となり、きちんと受給することが出来ます。ある一定条件とは、まず社会保険に加入し、毎月きちんと納税をしていること。第三号被保険者では該当になりませんので、自営業の場合などは受給資格はありませんので注意しましょう。もう一つは、連続する3日間を含む4日間、ケガや病気によって会社を休んでおり、その間給与の支払いがされていないことです。このような条件を満たしていれば、申請書類を記入し、必要書類を添付して社会保険事務所などに送付すると、審査が行われ合格するとすぐに支給が開始になります。必要書類は、医師の診断書です。ケガや病気によって働くことが出来ない、という有効な証明になるので、必ず作成してもらいましょう。また、うつ病のような病気は、外見ですぐに病気であるかどうかは判断することが出来ません。そのため、医師の診断書の中身を重要視して審査されます。正しく診断書を記入してもらうために、実際に現れている症状や、体、精神の状態などを細かく伝えましょう。また申請書類には自分で状態や症状を記入する欄もあるので、そこも出来るだけ詳しく記入します。うつ病は、障害年金目当てで実際には病気ではないのに、自称する人もいるので、ここの記入は慎重に正しく行うことが大切です。

うつ病は自分では気づきにくいという特徴があり、現れる症状も、最初は風邪のようなものであったりするので、ただの体の不調であると勘違いしてしまう人も少なくありません。しかし放置していると症状はどんどん悪化し、気づいたときには入院、休職、退職などを余儀なくされてしまうことも珍しくありません。そうならないためにも、あらかじめ保険に入っておくことは重要です。保険の種類によっては、うつ病のような精神疾患でもきちんとお金がもらえるのもあるので、よく調べてみると良いでしょう。うつ病は、真面目で優しい人ほどなりやすいと言われているので、そのような性格であると自負がある場合、特に入っておくと良いと言えます。また、中には、うつ病でも加入できる保険というのがあります。うつ病が悪化することで、新たな体の不調や病気を患ってしまうことは少なくないので、闘病中に加入しておくのも良いでしょう。うつでも加入できる保険は、がんや、無告知型、引受基準緩和型とよばれる保険です。またうつの治療についてですが、基本的には抗うつ剤と呼ばれる薬の服用が中心となります。抗うつ剤は、意欲の向上、精神安定など様々な効果を持つ特殊な薬で、長期的に服用を続けることで、少しずつ症状の改善を図ります。すぐに効果が出るわけではないので、医師とのカウンセリングと併用しながら、根気強く治療を続けていくことが大切です。うつは誰でもなってしまう可能性のある病気ですので、もしものときに備えこのような知識は持っておくと良いでしょう。

病気の人が加入できる商品

悩む女性 うつ病に罹ると、健康な人向けの医療保険に加入をするのは難しくなります。将来の健康が不安だったり、経済的な負担を減らしたい人が増えています。引き受け緩和型や無選択医療保険は、病気でも加入が出来ることがあります。

詳しく見る

便利で評判の良い制度

悩む女性 強いストレスなどが原因でうつ病になった時は治療が必要で、適切な対応をすれば早期に治る場合があります。治療をする時は保険を利用できると便利ですが、プランによってはうつ病に使いづらいケースもあるので注意がいります。

詳しく見る

精神病の対策に使える制度

悩む女性 心の病になった時は保険に入っていれば支援を受けられますが、何らかの制限を受ける場合もあるので注意がいります。うつ病になっている方が保険に入るのは可能ですが、審査がゆるいものを選ばないと上手く行かない場合があります。

詳しく見る

Copyright© 2019 精神的な病気になってしまった場合に行うべきこと All Rights Reserved.